2009年4月アーカイブ

こんばんは、KenGです。

営業中は更新する時間が無く、

いつもこの時間の更新になってしまいます。

申し訳なく思います・・・少し(笑)

 

最近オートグラフィックスのグリズリーについて質問が多いので、

今日は画像付きで解説致します。

 

グリズリー詳細は下記です!

http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=14

このグラフィックは貼り方を変えるだけで原型と全く違う形になりますので、

出来れば詳細を見ておいてください!

 

まずは34GTRの施工例です。

a58-1.JPG

a58-3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0036.JPG

貼り方としては何も変えずにすんなり貼った感じです。

リアのタイヤの部分など無理がある部分は少し切り離しています。 

ゼロヨン用の車(約1200馬力)です。

しかも約9秒で400Mを走ります。

せっかくなので、タイヤを温めるシーンです!

 

次はエルグランドです。

DSCF0092.JPG
DSCF0100.JPG

 

 

 

 

 

 

 

先程のGTRを上下逆のした貼り方です。

ということは左右を入れ替えて貼っているということです!

 

GTRに比べて車体の面積が大きいのになぜか良い感じにハマッています。

後ろの部分を少し切り離して、グラフィックに厚みを持たせています。

まさにグリズリーの爪跡のデザイン性を失わず、

大型車にもマッチングさせることができます!

 

PA280026.jpg
PA280028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

PA280027.jpg

これもすんなり貼った感じです。

写真では同系色でシンプルに仕上がっている様に見えますが、

実際はこれだけでもインパクト大です!

施工対象や貼り方によって全く違うデザインに見えます。

これがオートグラフィックスの遊び方です!

 

あとかなり人気のあるアストロの画像も載せておきます!

これはかなりイケてます!!!

アストロ1-1.jpg

 

 

 

 

 

こんばんは、KenGです。

最近非常に暖かくなってきております。

この季節の昼間が一番施工環境としては良いのではないかと思います。

 

当社の施工例を見て、「このグラフィックはこの車種専用ですか?」と良くご質問頂きます。

今日はこの質問について解説します。

 

今日解説するオートグラフィックス詳細

ホットショット:http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=37

 

キューブ2-1.jpg

カワサキ15F-3-1.jpg

マジェスティ1-1.jpg

上記3つを並べると同じグラフィックだとお分かりいただけるかと思います。

詳細で見ていただいたものがこの商品の原型です。

施工対象によって貼る角度や向きを変えると全く違う商品に見えることもあります。

下記のバイクのように各パーツの大きさに合わせて切り貼りすることも可能です。

 

マジェスティ1-2.jpg

マジェスティ1-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

一枚ものだったグラフィックを切り貼りするのは難しいように思えますが、

そんなに難しいものでは決してありません。

特に施工に関してはそれぞれ小さくなりますので、数倍カンタンになります。

ただ・・・時間は掛かります(笑)

 

カワサキ15F-3-2.jpg

カワサキ15F-3-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

DIYが好きな人には貼るまでの考える時間を楽しんでいただきたいです!

オートグラフィックスは7人のデザイナーによってかなり緻密に計算されています。

既製品とは言えど、貼り方には無限の可能性があります!

 

キューブ2-3.jpgキューブ2-2.jpg

 

 

 

こんばんは、KenGです。

お久しぶりです!

最近とても忙しく、なかなかブログまで書けませんでした。

 

やはり暖かくなってきたので、ドライブ=愛車カスタム日和なせいでしょうか?

やっと落ち着いてきましたので、先月何をしていたのか?書いていきます!

 

まずは、先月開催された名古屋エキサイティングカーショーダウン2009のことです。

数年前から一緒にお仕事をしているご近所のファイナルモーションさんの車体に施工致しました!

 

ちなみにファイナルモーションさんは関西では非常に少ないカーボンケプラーの専門店です。

お探しの方はぜひ宜しくお願い致します!

めちゃくちゃ良い人ばっかりの会社です。

お客さんだけじゃなく、私達のような取引先にも優しいところがグゥー!です(笑)

 

<今日紹介するオートグラフィックス>

スティールエクストリーム詳細:http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=6

今回はパーツごとに切り貼りするので、元の形を上記で見ておいて下さい!

 

P1060958.jpg
P1060962.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今回はマーチです。

フェンダーから前はカーボンケプラーパーツを製作中ですので、

凄い状態になっています(笑)

 

当社の施工マニュアルには書いていませんが、

グラフィック施工の初めに周りのグラフィックが無い部分を切り取っておくと非常にスムーズに進めることができます。

ここでの注意点はギリギリに切り過ぎると手で持つところが無くなって、シールの裏側を触ってしまいます。

指一個分はあけて切りましょう!

 

P1060967.jpg

車体にマッチするようにグラフィックを切り分けます。

 

プレスライン、モール、ドアノブ、給油口など、

こういった部分が絡んでくると施工が難しくなると考える方はたくさんいらっしゃいます。

でも実は・・・・・

 

 

P1060992.jpg

車種ごとに全く形が違うので、

上手くデザインするとまるでこの車種専用グラフィックの様に見えます!

既製品ではありますが、貼り方次第で個性を十分に発揮できます!

 

このマーチの場合はリアのドアノブをファイアパターンが囲む様に考えました。

 

 

P1070001.jpg

そして施工完成です。

 

全体的には2m程のものですが、

切り分けていますので、50cm~100cmのものを数回貼るだけです。

施工としては非常にカンタンだと思います。

 

 

下記の写真でキラキラ光っている部分がありますが、

これはデジカメのフラッシュではなく、太陽光に反射しています。

このグラフィックは全部がクロームの反射シートで出来ております。

 

反射シートの色付き(ブルーやレッド等)は日本製にもありますが、

こういった柄やデザイン、グラデーションを色付けすることは世界中でも数社しかありません。

 

理由は反射シート自体の材料が違い、

デザインできる反射シートはX2000クロームと呼ばれており、

ラスベガスショーで発表された新作です!!!

 

このグラフィックの場合は内側だけデザインしておりますので、

まるでクロームで縁取りされているように見えます。

 

めちゃくちゃカッコイイですよ!

ぜひお試し下さい!

ではまた・・・。

P1070018.jpg

P1070024.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01a