2009年1月アーカイブ

こんばんは、KenGです。

何かと仕事が溜まっており、もうこんな時間です。

でもブログは更新します^^

 

前回は過去のX-5でしたが、今日は先月あったX-5のことです。

去年サインアートツカさん(静岡)という会社に出会い、当社の製品を使ってX-5に出展されておりました。

ここまでは普通の流れでしたが・・・出来上がったマシンは普通じゃありませんでした!

 

今日は話が長くなりそうなので、先に本日紹介する商品のリンクを貼っておきます!

エンジンターンシート詳細

http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=139&PHPSESSID=05afvnm4mc66c7fh1ddopl4vp6aaan88

ブラックカーボンシート詳細

http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=140&PHPSESSID=05afvnm4mc66c7fh1ddopl4vp6aaan88

 

P1060467.JPGのサムネール画像

P1060485.JPGのサムネール画像

 

 

 

P1060476.JPGのサムネール画像P1060480.JPGのサムネール画像

エンジンターンシートを使っているのですが、その上にキャンディーレッドの塗装が入っています。

エンジンターンシート(写真でシルバーの部分)はそのままでも恐ろしく綺麗な柄ですが、

その上から塗装すると・・・信じられなーい!ほど美しく輝きます。

さらにレッドメタリック(ラメはゴールド)のラインテープで縁取りされていまして、

さらにシルバーとキャンディーレッドのエンジンターンが立体的に交差するデザインで・・・

全部書き切れませんので、もう次の画像に行きます(笑)

 

P1060524.JPGのサムネール画像

P1060511.JPGのサムネール画像

 

P1060503.JPGのサムネール画像皆様にもオススメですが、

カッティングを使う以上、本物ではできないような施工をしましょう!

写真のようにピンポイントのカーボンラインやカーボンロゴなど、

もちろん頑張れば本物でもできますが、かなりお金が・・・(笑)です。

 

すぐ左の写真はボンネットの部分ですが、

空気口周りはホント超絶テクです!

 

 

カッティングシートの場合、品が無かったり、ガラが悪くなったりするイメージを持っておられる方が

多いと思いますが、当社の製品はほんとに上品な仕上がりになります。

ソアラやBMWの上品さを失うことなく、イメージチェンジを楽しむことが可能です。

 

最後に・・・関東にお住まいの方で上記の写真を気に入って頂けたら、

ぜひサインアートツカ(静岡)さんにご連絡下さい!

私個人的な意見になりますが、超ハイレベルな技術です。

ぜひ×2宜しくお願い致します!

 

サインアートツカHP          サインアートツカBLOG

http://www.signart-tuka.jp/     http://ameblo.jp/pgd-graphic/ 

こんばんは、KenGです。

ハンズオンとして活動していた時にX-5に出展したことがあり、

その時ブースに来て頂いたお客様から久々に連絡があったので、

今日は当時の画像を紹介させていただきます。

 

あっ!その前に・・・

内容は言えませんが、そろそろ当社のキャンペーンが始まりますよ。

 

DSCF1545.JPG

DSCF1543.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1533.JPG

DSCF1548.JPG

 

 

 

 

 

 

 

こう見てみるとそんなに前ではありませんが、懐かしいですね^^

そういやオートグラフィックの施工デモンストレーションもしました。

 

DSCF1551.JPG

DSCF1552.JPG

 

 

 

 

 

 

 

111-1156.JPG

これはエンレイジドという商品です。

このグラフィックもかなりイケてますよ!

 

エンレイジドの商品詳細はこちらです。

http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=12

 

 

次回は私が出会った方の中でもトップクラスの技術を誇る看板屋さん

サインアートツカさん(静岡県) について紹介します。

この看板屋さん、マジでヤバイですよ!

乞うご期待! 

こんばんは、KenGです。

つい先日お客様から当社製品コントレイル2について質問がありましたので、

今日は紹介させていただきます。まずは実物の画像です。

 

P1060663.JPG

P1060669.JPG

 

 

 

 

 

 

 

大きさは縦約6cm、横約102cmと小振りなグラフィックです。

バイクやジェットのアクセントにはちょうど良い大きさかと思います。

車に貼る場合はラインテープとの併用がオススメです。

特にブルーメタ系のラインには相性が良いです。

 

DSCF2360.JPG
DSCF2366.JPG

 

 

 

 

 

 

 

左の写真はイプサムにラインテープを施工したところです。(ピンスト/タイプ5)

トップはシンプルに仕上げています。

エンドは給油口の上や後ろだとバランスが良くなかったので、給油口のカーブに沿ってクロスさせました。

次はコントレイル2に貼り替えます。

 

DSCF2375.JPG

先ほどクロスさせた部分からコントレイル2を繋げるとこんな感じです!

車の存在感を残したまま、アクセントを付けるためにはピッタリの商品です。

もちろん好みがありますので、後ろにファイアパターンでもありです^^

ラインテープだけのスタイルもカッコイイですが、

オートグラフィックスをトップやエンドにもってくると、

また違った楽しみ方ができます。

 

 コントレイル2の商品詳細はこちらです。

http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=92&PHPSESSID=1pao2lmj29pk0i9ebhm03d5i9va3q1ub 

おはようございます。

今日は朝から遠方で出張施工がある為、

こんな時間に起きております。

帰るの遅くなるので、先に更新しておきます。

 

カッティングシートの紹介ですが、

基本的なことが知りたい方は下記でご覧下さい。

http://www.keng-int.com/cutting-seat/cutting-seat.html

 

ここではユニバーサル社のシートについてを紹介させていただきます。

紹介したいものはたくさんあるのですが、まずはシルバーカーボンシートです。

 

P1000723.JPG

P1000740.JPG

 

 

 

 

 

 

 

このシートにはアメリカで今噂のメタライズ加工が施されております。

メタライズ加工とは簡単に言うとクーロムの上に色やデザインが出来る製造技術です。

今から約2年前にこのシートが開発されたとき、業界にとっては衝撃だったのです。

なぜならシールは塗装の後に開発されることが多く、常に2番手だったからです。

クローム塗装では色などを入れることが現時点では不可能です。

シルバーカーボン(FRP)は昔からありますが、技術は先を行きました^^

この他にエンジンターン柄などありますので、ぜひお試し下さい!

 

P1000988.JPG
P1000991.JPG
 

 

 

 

 

 

 

昨日、下記のマシーンのオーナーであり、某ドラッグレース西日本チャンピオンの畑中氏がいらっしゃいましたので、

シェイドシフターシートも少し紹介しておきます。

詳しくは当社HPの商品紹介(http://www.keng-int.com/shopping/html/products/detail.php?product_id=145&PHPSESSID=ahob6uga9kbs4vvfchdhceis7dp70efh)に書いております。

 

私自身も実物を見るまでは『こればっかりはシールじゃ無理でしょ』と思っていました。

この商品を販売している私が言うのもなんですが、ほんとビックリするぐらい綺麗ですよ!

 

P1030828.JPGのサムネール画像
P1030848.JPGのサムネール画像
 

 

 

 

 

 

 

畑中氏の外装デザインを考えさせていただいているということもあり、

また後ほどこのブログで施工~完成の特集を作りますので、乞うご期待! 

こんばんは、KENGインターナショナルです。

今日はラインテープの紹介です。

107.JPG

これは実物の商品になります。

ピンスト・タイプ5・ウルトラメタリックジェイドです。 

15m巻きで3500円です。

下の画像のように白い台紙と透明の保護テープによって、サンドイッチされた状態ですので、それぞれ剥がして施工します。

どのラインテープも同じ形ですので、この画像でイメージして下さい^^

 

 

DSCF0005.JPG
DSCF0012.JPG
 

 

 

 

 

 

 

TOYOTAアルファード2-1.JPG右の写真はラインの間にオートグラフィックスを入れました。

少しアクセントのほしい方にはかなりオススメですよ!

ピンスト・タイプ5・チャコールメタリック+レッドホットS・#シルバー

下の写真はトップとエンドのデザインです。

どんなデザインにしようか一番迷われると思います。

こんな感じはどうでしょうか?

 

 

DSCF0375.JPG

DSCF0374.JPG

 

 

 

 

 

 

 

p4.jpg

上達してくると自由自在にデザインできます。

塗装とは違い、いつでもデザインを変更できますのでホント便利です!

下のヘルメットは去年お客様から頂いた写真です。

その節はありがとうございました。

次回はカッティングシート紹介をします。

今後とも宜しくお願い致します。

 

a (15).JPG

DSCN3603.JPGのサムネール画像

こんばんは、今日も数々のお問い合わせとご注文ありがとうございました。

オープン初日は少し不安でしたが、僕が予想する以上に皆様のアクションが早く、非常に勇気付けられました。

今日は当社一押しのオートグラフィックスの紹介をしたいと思います。

 

オート(Auto)はAutomotiveの略で、

基本的には自動車の意味ですがここではエンジンで作られる乗り物全般を意味します。

シールですので、バイクやジェット、クルーザー等、どんなものでも施工可能です。

美容室のガラスにファイアパターンを貼ったりしている方もいます(笑)

 

レッドホットL1.JPG

 ホームページには実物画像はないので、

これで何となくお分かりいただけるかと・・・。

上のものは箱とスキージー(施工用ヘラ)と保証書と

グラフィック施工マニュアルになります。

箱付きではない商品もありますが、

それ以外はグラフィックを御購入されましたら、

もれなくサービスで付いてきます!!

 

 

 

 

レッドホットL2.JPG

 

施工完了するとこんな感じです!

このジェットはレース用ですのでロゴがたくさん貼ってますが、ロゴは販売しておりませんのでご注意下さい。

ちなみにR.プレジャー(岐阜)杉山プロのジェットです。

シンプルな形ですが、見ての通りかなり綺麗なグラデーションです。

 

 

 

 

 

7人のデザイナーによって配色やデザインが考えられており、すでに商品として出来上がったものを輸入しています。

バイナルグラフィックスに似ていますが、カッティングシート重ね貼りやインクジェットの出力ではなく、

シルクスクリーン印刷と高熱転写、エアブラシ等で製造しています。

アメリカではオートグラフィックスと呼ばれており、かなり前から普及しているアイテムですが、

日本ではこういった市場が少なくこれからのアイテムです!

 

レッドホットL3.JPG

 拡大画像も載せておきます。

当社には約150種類のオートグラフィックスがあります。

さらにそれぞれのデザインに約4つずつカラーバリエーションが用意されております。

とにかく種類が多いので、ゆっくりご覧になって下さい!

 

ちなみに写真はレッドホット(L)です。

それではまた来週! 

 

 

DH000204.JPGおはようございます^^

オープン2日目ということもあり、MAXバタバタです(笑)

でもブログは頑張って更新していきます。

当社はつい先日までハンズオン(約14年間)という名前で営業しておりました。

ハンズオンには海水魚メンテナンス事業や大阪市内の学習塾事業など、

色々な事業部があり、オートグラフィックス事業部もその一つでした。

皆様のおかげで、 オートグラフィックス事業部だけで会社にすることが出来ました!

これからカッコイイ商品をたくさん紹介していきますので、

今後ともぜひぜひ宜しくお願い致します。

DH000203.JPG

 

 

前回の続き・・・ユニバーサル社 in SEMA SHOW

施工のデモンストレーションです。

 

 

 

 

 

 

 

DH000163.JPG
 

 完成するとこんな感じです!

オートグラフィックスのシロッコという商品です!

カッコイイでしょ!

 

 

 

Keng-Internatinalのブログを開設いたしました。

 会社の設立準備というものはなかなか大変なもので、やっとここまで辿り着きました^^

 

さまざまなイベントなどいろいろな情報を発信していきますので

今後ともぜひ宜しくお願い致します。

 

 

DH000064.JPGのサムネール画像
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの画像は当社の取引先ユニバーサル・プロダクツ社 in SEMA SHOW です。

アメリカのデカール市場でトップクラスのシェアを有する会社です。

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01a